介護職員等によるたんの吸引等の研修

登録研修機関登録番号 3420003

第3号研修(特定の者対象)

はじめに

平成24年4月より、社会福祉士及び介護福祉士法の一部改正により、介護福祉士及び一定の研修を受けた介護職員等が医療関係者との連携の下、たんの吸引等を実施できることになりました。

当ステーションでは、以下の通り研修事業を行います。

 

介護職員等によるたんの吸引等の実施のための研修 実施要綱

目的

平成24年度から施行された介護職員等によるたんの吸引等の実施の制度化に伴って、居宅系事業所等において、たんの吸引等を必要とする特定の者に対して、医師、看護職員との連携の下に、より安全に実施するため、たんの吸引等を適切に行うことができる介護職員等を養成すること。

実施主体及び実施機関

実施主体:広島県

研修実施機関:YMCA訪問看護ステーション・ピース

登録研修機関登録番号 3420003(第3号研修・特定の者対象)

研修対象者

  • 介護福祉士、障害者(児)サービス事業所及び障害者(児)施設等(医療機関を除く)で福祉サービスに従事している介護職員、保育士等(以下「介護職員等」という。)と、特定の者に対してたんの吸引等の行為を行う必要のある者
  • 指導看護師等による現場演習及び実地研修を受講することが可能である者              (特定の者対象の指導看護師を確保していること)※

 

  • 実地研修にあたり医師の指示書および利用者、家族の同意を得ていること
  • 申込みから1年以内に実地研修を修了できること(修了できなかった場合、         受講料の返金は出来ません。)
  • ※指導看護師等とは、平成23年度,24年度,25年度,26年度,27年度,28年度,29年度介護職員等によるたんの吸引等の実施のための指導者養成事業(特定の者対象)を修了した者であること

 

研修受講の流れ

1.基本研修  

講義を8時間受講し、演習を1時間実施します  

基本研修修了後、筆記試験を行います

  2.実地研修  

基本研修修了後、施設や利用者の居宅等において、対象となる利用者に必要なケアを実施します

  3.修了証交付

基本研修と実地研修を修了した方には修了証を交付します

  

 

※ 実地のみの研修<基本研修科目の受講免除の方はこちら>

 

受講者がこれまでに特定研修を修了している場合、基本研修は受講免除になる場合があります。但し、平成23年度介護職員等によるたんの吸引等の実施のための研修等はたん吸引、経管栄養ともに修了していることが条件となります。 

           

平成23年度,24年度,25年度,26年度,27年度,28年度,29年度介護職員等によるたんの吸引等の実施のための研修を修了している方

 研修修了証の写しを提出ください。

 

 

 

ご不明な点はお問い合わせください。

 

  申込みから修了までの流れはこちら

         ↓

HP用 申込みから修了までの流れ,実地研修について.xls
Microsoft Excel 132.5 KB

基本研修内容

上記日程の内容は以下の通りです

  内容

 

 

 

第1日目

1.オリエンテーション

2.重度障害児・者などの地域生活に関する講義①

3.重度障害者等の地域生活などに関する講義②

4.喀痰吸引等を必要とする重度障害児・者等の障害及び支援に関する講義①-1

  • 呼吸について
  • 呼吸異常時の症状、緊急時対応
  • 人工呼吸器について

 

 

 

 

 

 

第2日目

 

1.喀痰吸引等を必要とする重度障害児・者等の障害及び支援に関する講義①-2

  • 人工呼吸器に係る緊急時対応
  • 喀痰吸引概説
  • 口腔内・鼻腔内・気管カニューレ内部の吸引
  • 喀痰吸引のリスク、中止要件、緊急時対応

2. 喀痰吸引等を必要とする重度障害児・者等の障害及び支援に関する講義②

  • 喀痰吸引の手順、留意点

3. 喀痰吸引等を必要とする重度障害児・者等の障害及び支援に関する講義③

  • 健康状態の把握
  • 食と排泄について

 

 

 

 

 

 

第3日目 

1.喀痰吸引等を必要とする重度障害児・者等の障害及び支援に関する講義④

  • 経管栄養概説
  • 胃ろう(腸ろう)と経鼻経管栄養

2. 喀痰吸引等を必要とする重度障害児・者等の障害及び支援に関する講義⑤

  • 経管栄養のリスク、中止の要件、緊急時対応
  • 経管栄養の手順、留意点

3. 喀痰吸引等に関する演習

  • 喀痰吸引(口腔内)
  • 喀痰吸引(鼻腔内)
  • 喀痰吸引(気管カニューレ内)
  • 経管栄養(胃ろう、腸ろう)
  • 経管栄養(経鼻)

2017年度 基本研修予定

基本研修(講義及び演習)開催予定

2017年度は3~4回程度の開講を予定しております。

 

詳しい日程は決定次第お知らせいたします。

ただし、各月とも最少開講人数(12名)に満たない場合は開催いたしませんので、ご了承ください。   

 

★事業所様で基本研修を15名以上での受講をご希望の際、個別に対応させて頂く事も   可能の場合がございます。ご相談ください。

 

   例えば 

・1つの事業所で15名以上集まる場合

・複数の事業所から15名以上集まる場合など・・・ ご相談ください。

 

 

2017年度 基本研修開催日程

 ※基本研修の募集受付をいたします。

   2017年  6月     7日(水) 9:00~12:00

      6月 14日(水) 9:00~12:00

      6月   21日(水)   9:00~12:00   

            

申込み受付期間・・・4月18日(火)~5月31日(水)

          9:00~17:00 (土曜日は9:00~12:00)

           お電話を頂いたあとFAXにて受付いたします。

         (日祝を除く)

<定員に達した場合、早めに受付を終了させていただきます。> 

      

      

  >>申込み提出書類はこちら

  

 

       



気象警報発令等に伴う研修の取り扱いについて.docx
Microsoft Word 14.1 KB

募集人数

最少開講人数 12 名

先着順となりますが、12名に満たない場合は開講いたしません

場所

広島YMCA2号館5階

(1階が保育園のある建物です)

 

2017年度 実地研修のみの募集受付

毎月1日~15日の期間で受付をいたします。

 

※5月1日(月)~5月15日(月)で実地研修の申込みの受付をいたします。

      9:00~17:00(土曜日は9:00~12:00)

                  お電話をいただいた後FAXにて受付いたします。

      (日祝を除く)

>>申込みの提出書類はこちら

 

 

 

受講料 2017年4月以降

基本研修   6,000円  

実地研修 10,000円 及び 賠償責任保険2,500円

              (利用者と介護職員等の組み合わせ1組ごと) 

 

※実地研修のみの方

               10,000円 及び 賠償責任保険2,500円

              (利用者と介護職員等の組み合わせ1組ごと) 

 

受講決定後、お支払いただきます。

お支払後のキャンセルは払い戻しできかねますのでご了承下さい。

 

 

 

受講申し込み

1.申し込み方法

お電話を頂いたあと下記の用紙(様式1)をダウンロードの上、必要事項を記載しFAXにてお申し込みください。そのあとの流れは追ってご案内いたします。

 

様式1
受講申し込み書 事業所記入 H29年度.doc
Microsoft Word 69.5 KB

2.申し込み先

〒730-8523

広島市中区八丁堀7-11 YMCA2号館5階

YMCA訪問看護ステーション・ピース

FAX 082-225-3032


3.申し込み締切

   上記の通り


4.受講決定

   受講決定後、FAXにて通知いたします

 

 

問い合わせ先

YMCA訪問看護ステーション・ピース

浜本   原田

電話 082-225-3020